サムシングフォーからの幸せな生活

「サムシングフォー」って知っていますか??これは200年以上も昔からヨーロッパで伝えられているおまじないのひとつで、結婚式で「サムシングフォー」つまり「何か4つのもの」を身に付けると幸せになるというのです。

結婚にあたって

その「なにか4つ」というもののひとつが「サムシングブルー」、「何か青いもの」です。
そもそもはウエディングドレスを着たときに青いガーターベルトを使ったそうですが、今ではリングにサファイヤを使ったり、ブーケに青い花を使用したりとさまざまです。
青色は清楚で慎まやかなイメージがありますし、童話の「幸せの青い鳥」など幸せを表わす色なのかもしれませんね。
また「サムシングニュー」、「何か新しいもの」も身に付けます。
人生の新しい門出に向けて、汚れのないまっさらな品物は気持ちを引き締めます。
これから始まる新生活への準備という意味もあるのかもしれません。
3つ目が「サムシングオールド」、「何か古いもの」です。
新しい生活が始まるのは古い過去があるからこそ、それらを忘れることなく結婚生活を送るようにという自戒の意味合いがあるのでしょう。
家の伝統など代々伝わってきたものを受け継いでいくという願いも込められているようで、母親からのドレスやアクセサリーを使用することが多いようです。
最後が「サムシングボロウ」で「何か借りてきたもの」です。
幸せな生活を送っている人からその幸せを「おすそわけ」をしてもらうという感覚なのでしょう。
奥さんが結婚式で使用したベールや手袋などを借りるのが一般的のようです。

サムシングフォーを試してみました

私は青色が好きなんですが、世間では青色に対して「ブルーな気分」とか「青臭いヤツ」などといってあまりいいイメージがないような気がしていました。
でも、私が結婚するときに、結婚式当日に何か青いものを身に付けていると幸せになれるという話を何かで知ったんです。
これは「サムシングブルー」といって古くからヨーロッパで言い伝えられてきたおまじないらしいんですね。

幸せになるために

サムシングブルーはサムシングフォーのうちのひとつです。
サムシングブルー(何か青いもの)、サムシングニュー(何か新しいもの)、サムシングオールド(何か古いもの)、そしてサムシングボロウ(何か借りてきたもの)の4つを結婚式で身に付けるんです。
すると幸せになれるといって、結婚式場によってはこれらを用意してくれたり新婦さんに教えてくれたりするところもあるそうです。
誰もが幸せになりたいと思うのは当然ですし、特に結婚式ならなおさらです。
もちろん私も試しましたよ。
そのおかげもあってか夫婦円満、子どもも授かり幸せな家庭を築いています。
サムシングフォーのアイテムをすべて揃えるのは、決して難しくはありませんよね。
つまり、その気にさえなれば誰でもが幸せを手に入れることができるんだということなのかもしれませんね。