出産祝いにあなたなら何を贈りますか

近頃多いのが「できちゃった婚」、あまり聞こえが良くないので最近では「授かり婚」という言い方も増えてるようです。
もちろん身内や知り合い、友達関係であれば結婚祝いを贈るのですが、できちゃった婚の場合はすぐにまた出産祝いということになってしまいます。
どちらもおめでたいことですから祝ってあげるのはいいのですが、祝う側からすればちょっと出費がかさむのは痛いところですよね。

必要なものを尋ねて贈る

ところで、生まれてきた赤ちゃんにお祝いする場合、出産祝いとして喜ばれるものとはなんでしょうか。
お金を贈ることも多いのですが、何だか現実過ぎるとは思いませんか。
確かにお金なら必要なものを自分で買えるので合理的かもしれませんが、相手のことを考えて素敵なものを選んであげればなおさら心がこもっている感じがします。
だから、お母さんやお父さんに必要なものを尋ねてそれをプレゼントするケースが近頃は増えているようです。
そうすれば相手が必要なものがわかるので決して無駄にはなりませんし、必要なもののなかから相手の気に入りそうなものを選ぶという喜びもあります。

最近の流行は?

そんな出産祝いとして最近流行っているのが、「オムツケーキ」です。
これはいくつかのオムツを併せてケーキのような形に作ったものです。
オムツは赤ちゃんにとっての必需品ですからいくらあっても困りませんし、かさばってもそのうちに使ってなくなってしまいます。
見た目にもすごくかわいくて、オムツとは思えないくらいです。
赤ちゃんの体重と同じ重さのクマのぬいぐるみや、赤ちゃんの誕生月にあわせた誕生石を使用したベビーリングなども人気のようですよ。

それぞれが出産祝いと内祝いを贈る

結婚して赤ちゃんが生まれることは、両親にとってこの上ない喜びです。
ですから、その喜びを周りのみんなで共有して祝福してあげましょう。

われわれの喜びの気持ちを表すのが、出産祝いです。
出産祝いとして一般的なのは、ベビー服やおくるみでしょう。
こういった日常的に使用するものはいくらあっても困りません。
また、赤ちゃんはすぐに大きくなりサイズが合わなくなるので、あらかじめ大きめのサイズのものを贈るのも気が利いているといえるでしょう。
間違っても小さなサイズを贈ったり男女別を間違ったりしないように、きちんと確かめてから贈ることを忘れずに。
最近ではインターネットを利用すれば、海外のベビー用品も簡単に手に入ります。
海外製は日本にはないようなポップなものや可愛いデザインのものも多いので、サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

内祝いを贈る

出産祝いを受け取った側は、貰いっぱなしではいけません。
期を見て、内祝いを贈りましょう。
自分の子どものためにお祝いをしてもらった気持ちに感謝するために贈る内祝いもまた、「お祝い」のギフトなのです。
親子とも今後もよろしくの気持ちを込めて、素敵なお返しをしましょう。