結婚式の引き出物の良し悪し

これって本当にあったの?

一時期、結婚した二人の名前や顔写真入りの引き出物が流行ったことがありました。
今では「まさか」と思う人も多いかと思いますし都市伝説のように考えている人もいるようですが、実際に少なくないカップルが引き出物としていたんです。
二人の顔写真の入った大皿やペアグラス、二人の名前の刺繍されたタオルやハンカチ、などなど。
こんなの貰ってもどうしようという感じですよね。
使いにくいですし、古くなっても捨てづらい、壊れたり割れたりしたら縁起が悪いし…。
こんなブームも、幸いなことに今ではほとんど見ることはありません。

持って帰ることを前提に考える

引き出物として困るのは、重いもの、かさばるものという意見も少なくありません。
これって贈る側としては案外盲点かもしれません。
しかし、結婚式に出席してくれる人はみんな近くに住んでいる人ばかりではないですよね。
式が終わると電車に乗って家に帰る人もたくさんいるわけです。
最近では貰った引き出物を宅配便で自宅に送る人も少なくないようですが、できれば持って帰るのに迷惑にならない程度にはしたいものです。

引き出物の選び方

結婚式の引き出物を決めるのって難しいものです。自分がいいと思ったものが必ずしも出席してくれる人たちにも喜んでもらえるかどうかはわかりません。

みんなに喜んでもらいたい

とはいえ、自分が気に入ってもいない品を贈るというのは何だか間違っている気もします。
自分が気に入って、出席者も喜んでくれて、そのうえで自分たちの結婚式の印象を残せるような品物が最も好ましいのでしょうが、それを見つけ出すのは簡単ではありません。
出席者の年齢層や繋がりが幅広かったりすると、さらに悩むところでしょう。
昔は食器やタオル、飾り物などが引き出物の定番だったようですが、これって結構微妙な場合も少なくないんですよね。
貰った人の趣味に合わなかったり、同じような品物をもうすでにいくつも持っていたり…。
一番困るのが、結婚した新郎新婦の名前の入った品物です。
何だか使いにくいしそれに古くなったりしても捨てにくいので、貰って困る引き出物ワーストワンといわれていたものです。
まあ、結婚式に出席する人も引き出物を貰うことが目当てではないので文句をいう人はありませんが、できれば皆さんに喜んでもらえる品物にしたいものです。

最近人気の引き出物は?

貰った人の喜ぶ顔を思い浮かべて「これがいいかな、それともこっちのほうがいいかな」と思い悩みながらいろいろと二人で相談するのも楽しいひと時かもしれませんね。
最近選ばれることの多い引き出物が、カタログによるセレクトギフトのようです。
これなら貰った人が自分の好きな品物を自由に選べるので、合理的且つ喜んでもらえるに違いありません。
引き出物も、その時代時代によっていろいろと流行があるのです。